お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

FX自動売買システムの準備状況

FXの自動売買には様々な方法がありますが、私はもっともメジャーなMT4というソフトを使っています。


MT4の上でExpertAdvisor(EA)というプログラムを自分で作るのですが、ある程度のプログラミング経験がないと難しく、リスクを伴うかと思います。プログラム言語はMQLというMT4独自の言語です。


私はマイコンブームだった中学生の頃から35年を超えるプログラミング経験があります。時間さえあれば大体何でも作れます。オリジナルのプログラミング言語も作りますし、他人が作ったOSやゲームなんかも改造したりします。


自動売買システムというのは、通貨を買う・売るという売買ロジックだけでなく、その周辺の様々な機能も作りこむ必要があります。まずはクラウド上に仮想サーバを構築して、以下のような機能を作っています。


・クラウド(Amazon EC2)上の仮想サーバー
・売買結果のメール送信(サーバ)機能
・売買結果から損益グラフの表示機能(Gnuplot)
・売買結果をEXCELで分析する機能(CSV→EXCELマクロ)


以下はEAの機能として実装しています。
・スプレット監視機能
・チャタリング防止機能
・全ポジション一括クローズ機能
・負けすぎ防止機能
・ナンピン機能
・ヘッジ機能
・トレーリング機能


既に上記のものは動いているのですが、本格運用に向けてプログラムを綺麗にして、エラー処理などを追加しているところです。なかなか時間が取れないため、まだ数週間はかかるかと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。