お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

iPhoneでのソフトバンクからBIC SIM(IIJmio)への乗換え手順

格安SIMに乗り換えた記事(格安SIMでiPhone7を使う - お金にまつわる日常のブログ)を書きましたが、備忘録を兼ねて私が行った手順を書いておきます。


ソフトバンク iPhone6 Plus → BIC SIM(IIJmio) iPhone7


1.ソフトバンクへの連絡


ソフトバンクへ電話(*5533)をして、携帯電話番号ポータビリティの予約番号をもらいます。15日以内に新しいSIMが契約されると、ソフトバンクは自動的に解約となります。Yahoo!モバイルなどへ勧誘されますが、予約番号が欲しいとはっきりと言ってください。


2.SIMフリー端末を入手


AppleストアでSIMフリーのiphone7を購入します。直接店頭で購入することも可能ですが、私は前日にネットで購入手続きを完了させて、銀座店で受け取りました。自宅への郵送も無料です。


3.格安SIMの手続き


ネットで申し込み、郵送でSIMが届くことが多いようですが、BIC SIMはビックカメラの店頭で申し込み、当日SIMカードを受け取ることができます。私は音声通話付きの3GBのミニマムスタートプランを申し込みました。申し込み後、30分ぐらいでSIMを受け取れます。


4.各種設定


ここから端末にSIMカードを入れて各種設定が必要なのですが、格安SIMは自分で設定を行う必要があります。また設定時にはWIFI環境が必要です。(店頭で端末とセットで購入して設定まで行ってくれるものもあるようですが、端末を自由に選べません)


既存端末からデータを移行する場合は、設定前にバックアップが必要です。iPhoneの場合はiCloudかiTunesでバックアップが行えますが、iCloudはバックアップできる容量が少ないので、パソコンを持っていればiTunesの方がお勧めです。


SIMカードをセットして、iPhoneを起動すると初期設定画面になりますので、画面の指示に従って、WIFIなどの設定後、「iTunesからの復元」を選択します。画面の指示に従ってパソコンと接続して、復元が完了します。


そこまで完了したら、電話やSMSが使えるか実際に確認します。問題なければ、最後にAPNを設定します。


BIC SIMの場合は、マニュアルに記載されたURLにSafariでアクセスして、APN設定ファイルを適用します。適用後、WIFIをOFFにして、SafariでWEBサイトが見られれば、設定は完了です。


5.BIG SIM(IIJmio)のアプリ設定


最後にApp Storeから「IIJ」で検索して、「IIJmio クーポンスイッチ」と「みおふぉんダイアルアプリ」の2つのアプリをインストールします。「IIJmio クーポンスイッチ」はデータ利用量/残量が確認でき、高速通信と低速通信を切り替えられます。低速通信時はデータ利用量が消費されないため、節約できます。「みおふぉんダイアルアプリ」は重要です。このアプリから電話をしないと通話料が半額になりません。


以上で乗り換えの手順は完了です。


文字だけで書くとややこしそうですが、とても簡単なので、格安SIMへの乗り換え、オススメです。10日間使ってみましたが、品質状況など問題ありません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。