お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

年金(企業年金)

前回エントリで年金には公的年金と企業年金、個人年金があることをお話ししましたが、今回は企業年金についてです。


これは仕組みが複雑で、それぞれの会社で異なる点があるので、あくまで参考にしてください。


私の会社では毎年6月に3月末までの年金残高が通知されます。退職時に一括して受け取る退職金と、10年とかで分割してもらう年金があります。年金は分割せずに退職金と一緒に一括で受け取ることもできるので、我が家のバランスシートでは一括受取できる年金額を計上しています。


私の場合は3月末の残高が以下の通りでした。
・退職金 7,582,360円
・年金 11,011,730円
・DC年金 1,847,897円


定年退職までは残り11年ありますが、いま仕事をリタイヤしても20,441,987円の退職金が確保されてるということですね。注意したいのは自己都合退職だと減額されることです。


DC年金は確定拠出型で401Kなどとも呼ばれる、運用方式が自己裁量になっている年金です。会社は毎年同じ(確定した)金額を拠出してくれるので、それを定年までの間、国債のような安全資産か、海外株式のようなリスクの高い資産で運用するかを個人で決めることができるものです。拠出額は1,717,600円でしたので、7.6%の運用益が出ているということです。


もう一つ個人年金がありますが、私は未加入です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。