お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

「苦あれば、楽あり」は裏切りません。楽をしている人は必ず将来苦労すると信じています

私は40代後半で余裕が出てきましたが、20代・30代はとても苦労しました。


バブル世代なので、20代は今でいうブラック企業の勤務形態です。1か月の休みは1日だけ。残業時間にして230時間ぐらいになっていました。多くの同僚は辞めていきましたが、私は何度もうつ病になりそうになりながら堪えてきました。


耐えることができたのは「苦あれば、楽あり」という言葉を信じていたからです。


決して一流大学を出ている訳ではない私が、苦労を耐えて、努力を継続したことで、40代で年収1,000万円をもらえるようになったのです。


「苦労しても報われない」という人がいますが、確かにいつも報われるわけではありません。しかし逆を考えてみてください。楽をしていたら報われるのか?


楽して努力しないよりも、少しでも努力した方が良いに決まってます。他人と比べる必要はありません。年収200万の人でも、年収600万の人でも、今頑張っておけば、少しでも将来は楽になると考えて、働くべきです。


周囲に楽をしている人を見たら、彼らはいづれ数倍もの苦労を味わうのだと思いながら、自分は今を頑張ると考えるべきです。


過去・現在・未来とありますが、過去に囚われる必要はありません。現在も悲観することはありません。現在よりも少しでもよくなる未来を考えてください。そのためには現在をしっかりと生きることです。現在が楽しければ良いという刹那主義は破滅しますので気をつけてください。


「苦あれば、楽あり」を忘れずに、楽しい未来を想像しながら、今を頑張って行きましょう。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。