お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

格安・海外旅行ツアー会社(その2)国際線の乗り継ぎ方法

前回の記事「格安・海外旅行ツアー会社 」を少し補足します。


1. 飛行機


中華系の航空会社で、直行便ではなく中国での乗り継ぎでした。これは安くするためには仕方ないですよね。羽田でのチェックインも同様ですが、中国での乗り継ぎ時も添乗員がいないので、すべて自己責任で行う必要があります。せめて乗り継ぎ方法の案内とか頂ければいいのですが、何もなかったです。


海外旅行が初めての人や、英語がほとんど話せないという人は、やはり避けた方がいいかと思います。実際には乗り継ぎは簡単で間違うこともないのですが、不安が先立ち旅行を楽しめないかと思います。私はその多少のドキドキ感があるから旅行は楽しいと思うので、チャレンジします。


乗り継ぎ方法を簡単に説明しておくと、飛行機から降りると最初に乗り継ぎカウンターがあります。中国語だけでなく必ず英語表記がありますので、"Transfer"という英語を見つけてください。"Transfer to Internatinal"は国際線への乗り継ぎ、 "Transfer to Domestic"なら国内線への乗り継ぎ、という感じです。ほとんどの乗客は乗り継ぎしないので、人の流れに任せていると見逃してしまいます。"Immigration"という表記が出てきたら、入国管理ですので行き過ぎです。乗り継ぎカウンターの後は、搭乗口で搭乗時間まで待つだけです。


2. ホテル


現地で最高ランクのホテルが指定されたツアーでしたので、ホテルは申し分ありませんでした。日本人スタッフもいるし、無料WIFIもありました。プールサイドでのカクテル、美味しかったです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。