お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

衆議院選挙の投票に行ってきました

本日は衆議院選挙の投票日です。日本全国、台風が近づいており、早めに投票を済ませる人が多いようです。私も午前中に投票を済ませました。


衆議院で総理大臣に選ばれた人が政権を担うため、衆議院選挙は政権選択選挙とも言われます。今回は465議席ですので過半数の233議席を取った党が政権を担います。


解散直後から小池都知事は政権選択選挙を強調して、希望の党を立ち上げ、自ら代表となり、過半数を超える235人の候補者を擁立しました。


自民党による安倍政権の継続か、希望の党による小池政権への政権交代か、政権選択選挙としてとても注目を集めましたが、情勢が悪いと見るや、小池自身は出馬せず(総理大臣に選ばれるための条件を放棄)、保身に入りました。


これまで小池劇場を支持していた一般大衆層も、さすがに目を覚まして、選挙戦後半では希望の党の失速が報じられています。


私は5年間の安倍政権の実績を大変評価していますし、小池都知事には東京都の重要課題に専念してもらうべきだと考えています。特に安倍さんの経済・外交手腕は素晴らしく、連立野党が政権を取れば、また大不況に陥ることが予想されます。


本日の夜には大勢が判明すると思います。国民の賢明な判断が下されることを期待しています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。