お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

投資におけるメンタル

そろそろ試運転を終わり、本格的な資金投入に先立ち、メンタル面について考えておこうと思います。


私は株や為替など、いくらかの投資経験はありますが、これまで成功していません。2割の人が利益を出して、8割の人が損失を出すという世界で、後者の人間です。とくに為替(FX)は誰かが利益を出せば、誰かが損をするというゼロサムゲームですので、このブログで書いているような素人の知識や分析で簡単に勝てる生易しい世界でないことは承知しています。


それでもこの世界に足を踏み入れようとしているのは、一攫千金の夢があるからです。しかし、この世界に骨を埋める気はありませんし、この世界に振り回されることもしたくありません。


これから数百万の自己資金を投資して、数千万のお金を運用すれば、日々の取引はサラリーマンの給料を超える損失や利益が出ることでしょう。その時にメンタル面で負けないようにしなければいけませんので、以下のことを留意したいと思います。


お金を分けること


日々の生活に必要なお金や、仕事で得たお金は投資しません。あくまで余裕資金とFXの利益を再投資します。一つの取引で数か月の給料の利益を得たら、働きたくなくなってしまいます。また働いて得たお金を一瞬で失ってしまったら、その喪失感と罪悪感は堪らないでしょう。ですから、働いたお金と、投資のお金は完全に分けることにします。


もちろん数か月の給料に相当する損失を出したらショックは大きいと思いますが、あくまで投資で得たお金は水物と考えて、耐えるしかありません。


ただし初期資金は現在の資産から融通するしかありません。現在の我が家は総資産1.5億、ローンを除く純資産は1.1億程度なので、総資産の2%に相当する300万円を限度額にしたいと思います。運用が右肩上がりに安定してきたら1000万円ぐらいは投資してもいいかと思っていますが、ロスカットを防ぐための追加証拠金は必ず限度額で抑えるようにします。


仕事は続けること


一攫千金の夢があると言いましたが、1億円を稼ぐことができたら早期リタイヤする(会社を辞める)ことが目的になっていた気がします。FX自動売買の試運転をしていて、取引に一喜一憂してしまうのは、その目的が重荷になっていた気がします。


会社を辞めて専業トレーダーになっている人に憧れはしますが、自分はなりたいとは思いません。趣味や余剰資金でやるならいいですが、仕事になればプレッシャーやストレスはとても大きなものとなり、私はメンタル的に耐えられないと思います。


最近は仕事が大変なので辞めたいと思う気持ちが強くなっていましたが、あくまで仕事は続けるもの、サラリーマンは最も安定した稼ぎであることを再認識しています。


中長期的に冷静に判断すること


何十万円と言うお金の変動を見ていると、冷静な判断ができなくなることがあります。投資するロット数が増えたとき、金額で判断するのではなく、pipsで判断します。また一つ一つの取引や毎日の収益に一喜一憂するのではなく、中長期的に損益曲線をバックテストと比較して想定通りの範囲内にあるのかを判断していきます。ただ想定を超える損失が出ている場合には勇気を持って損切りや自動売買を停止することが必要です。



上記のようなことに留意しながら、来週から資金を増やして運用開始したいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。