お金にまつわる日常のブログ

妻と息子を持つ40代後半の一般的なサラリーマンのお金にまつわる日常の記録です。
日々の家計管理から、不動産や株式・FXなどの投資について綴っていきます。

IPOの収益率(不動産よりも悪い?)

明日(7/11)はLINEを含むIPOの抽選日です。今後のIPO投資のためにNISA口座も作りました。準備万端なんですが、資金が少なくて、当たりそうもありません。


一応、申込内容をメモっておきます。


証券会社 SBI証券
買付余力 10,000,000円
LINE(株) 10,000株、3,300円、IPOポイント0
(株)インソース 22,000株、520円、IPOポイント0
(株)デュアルタップ 10,000株、1,100円、IPOポイント0


発行価格が上記となった場合、買付余力は3,000株、19,200株、9,000株となりますので、抽選のくじを30枚、192枚、90枚を持っているということです。LINEとインソースはSBI証券に割り当てられている枚数そのものが少ないので、当たる気がしていません。デュアルタップはSBI証券が主幹事で割当枚数が多いので100株だけでも当選してくれたらラッキーですね。


でも100株当選したとしても110,000円の株式を購入できる権利を得ただけです。公開後に2倍になったとしても20%の税金がかかれば88,000円の利益にしかなりません。10,000,000円の資金で88,000円では0.9%の利率です。


不動産は年利5〜7%ぐらいの収益率なので、IPOだと毎月デュアルタップのような銘柄に当選して、2倍に跳ね上がらないと、不動産の利益率にはなりません。IPOを始めることを決めて、まだ最初の抽選前なのにとても弱気な気分になっています。


IPOの抽選結果は明日(7/11)18時に分かります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。